スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ 1/24 AKF-0/G νアスラーダ 

去年、途中までやってて飽きちゃって放置していた物を完成させました。
一応、ココまでやって飽きちゃったわけです。。。

改修箇所は以下の通り。
フロントウイングはリフティングターンより流用し端っこの小羽を切り飛ばして使用。
リアカウルの謎の黒いラインは何も考えずに切り飛ばしました。。。
たぶん設定上、フラップの影なんでしょうけど凹モールドは無いでしょう
フラップ作るにしても大改修が必須な訳で、、、
そこで考えました。
近年のF1にある可変フラップw  

リアカウルと一体になったりダウンフォース発生させるために立てたりあるいは下に流してリアを浮かせたり
リフティングターンの画像を見見る限りではリアがかなり浮いてます。
パワーユニットその他かなりの重量があるはずなのに
エフェクトファンだけじゃあんなにリアをリフトアップできないかなーってw
フロントを縁石にヒットさてキッカケを作りリアを浮かせてアクロバットオーバーテイクする??
 
もちろん、妄想ですけど(´・ω・`;A) アセアセ
リアカウルにあるインダクションポッド付近がノッペリしてるのでMP4/5のような感じに

舞台は近未来ですが後、数年後なのでガンダム的な筋彫りは無いだろうしなるべくシンプルなラインにした方が不自然じゃなよね?

リアウイングは高さが1センチくらいチグを作り(5ミリのプラ棒を使用)瞬着で仮止めし0.5ミリのドリルで深めに穴を
下に貫通するくらい開けリアウイングを外しブーストポッドと一体になっている基部を切り離しリアウイング側に接着。

画像はダブルワンですがこんな感じです。
これで塗装後にも簡単に組め塗装もしやすくなります。
リアウイングの持ち手にもなりますからオススメです。
切り離す際はなるべくブーストポッドに傷をつけない方が後々楽です。
キャノピーは肉厚がかなりありベコベコに歪んでいるので1000番~あててなるべく平らに

多少の微細な傷は塗装するので問題無いです。 

※上のは裏側にガイアのフォログラムカラーを薄っすら噴いてます。
表面は未着手
あとガーランドの時からですがセンサーだからといって別にクリアじゃなくても良いんじゃ無い?ってことで今回も黄橙色で塗装。
フロントウイングはリフティングターン用のを使用していますが何気に重いのでエポパテを使ってガッチリと固定できるように

フロントサスにあるドライブシャフトのような物は元キットだと2.5ミリ近くありぶっとすぎるので1.5ミリの真鍮線に変更
艶消しブラックで塗装すれば気にならないかもしれないですが少し細めになると締まります。
エフェクトファンがサイドポッドは前後厚みがあるのでギリギリまで薄く加工

ここは目立つ場所で分厚く過ぎると昔の合体カウンタックみたいにオモチャっぽくなるのでしておくと良いですよ
フチはデザインナイフでコリコリしただけなので簡単です。
シートはガーランドの時から同じでキットのは1/32サイズくらい小さめなので1/24キットから流用
それに合わせてコクピット周りもそれに合わせます。


左側がもとキットの真ん中は1/24F1、右側の黄色いのは市販車のもの
今回は1/24F1の物を使用
当然そのままでは合わないのでシートの裏側をガリガリ削ってます。
ブーストポッドノズルはアイリスのF/A-18の排気ノズルを使用

SA-01以降のブーストポッドはほとんどジェットノズルみたいな物ですからこの方がかっちょ良いw
塗装は個人的定番ホワイトの塗り方。
黒→シルバー→ホワイトの順です。

シルバーの上からいきなりグロスホワイトかけると梨肌になりやすいのでホワイトサフを軽く噴いてます。
ホワイトはホワイトサフを含めて2回くらい





デカールはバランスを見ながら貼り付けてなるべく不思議にならないように
今回は付属のスポンサーデカールも使用しました。
あたガイアのスポンサーデカールも使ってみました。
意外にもサイバーマシンにマッチしているので複数色欲しいところです。



貼り付け後、1週間ほど自然乾燥させクリアコートをまた1週間ほど乾燥させます。 
また少し肌寒い時期でしたので乾燥機にいれ乾燥。

その間、コクピット内を製作します。
理想はフェラーリのバックスキンの革シートみたいな感じを目指しましたが。。。。

(´・ω・`;A) アセアセ
塗装がねどーも下手みたいなのでゆる~くゆる~くお願いしますm(_ _)m

シートベルトはモデラーズ製1/24 シートベルトセットを使用。
20年以上まえのパーツですが非常に良くできてます。






シートベルトがあると締まりますねw
続いて排気ノズルの塗装

まずシルバーで下地を作り
今回はガイアのサフエヴォシルバーを使用

クリアブラウンと蛍光ブルーで簡単に塗り分けフラットクリアで一旦コート

エナメル フラットブラックを全面に塗り乾燥したらウォッシングの要領で軽く拭き取り

タミヤのウェザリングマスターで焼き色もどき風に色付け
再度、フラットクリアでコートしエナメル フラットホワイトで軽くウォッシング
フラットクリアでコートして終わり内側のホワイトはタミヤのウェザリングマスターを擦り込み

ブーストポッドのゴールドはクレオスのゴールド8番

粒子も細かく変なギラツキもなく綺麗です。

ホイールはフィニッシャーズのナイトゴールド使用

研ぎ出しも終わったのでマスキングしてコクピット内の塗装。

タイヤマーキングはミュージアムコレクションのテンプレートを使用。
前輪は1/43、後輪は1/24用を使用
白はガイア サフホワイト

可変フラップはカーボンデカールを貼り付けセミグロスクリアでコート
塗装が全て終わったので組み付けていきます。
接着には瞬着とタミヤのクリアタイプのボンド使用。

いつもこの時はワクワクと緊張が同時に来て変な感じ感じです。
ここでミスったら全てが終わりますからね(´・ω・`;A)

シートベルトも上手く馴染んだようでw

リアのテールランプ??はハセガワのフィニッシュシートの蛍光レッドとフォログラムを貼り付けました。
覗き込まないとわかりませんが製作者にしかわからないムフフなところ(笑)
そして完成


やりたかったダブルワンとのツーショットw


AKF-0/G νアスラーダ
HPに追加画像ありますのでよろしければご覧ください。
写真はいつもこんな感じです撮ってます。
車系の模型を撮る時は少しずつ角度を付けて撮ってます。
角度付けると奥の方まで写るのでいつもこのやり方です。

少し前に、開催されていた静岡ホビーショーにサイバーフォーミュラ卓に卓の主催者KUWAさんのご好意で展示させて頂きました。
当然、私は仕事なので行けませんが、サイバーフォーミュラ卓はかなり好評だったようでお手伝いできて良かったです。
その時の写真です。







写真提供:mitchie_01 さん
放映が終わって20年以上経ってますが今だ人気がありこうして各作品のサイバーマシンが並ぶのはなかなかありません
いや~行きたかった。
------------------------------------------------------------------------------------------------
凰呀はココまで終わってます。
残るは鬼門のブーストポッドのみどうやっけるか悩み中。。。


足回りは塗り分けがあるのでバラせるように加工してます。
詳細は凰呀の製作記事に記載します。
完成はいつですかねー(汗)
気が向いたら再開します(´・ω・`;A) アセアセ
M1もあと組むまでのところまで来ています

次はラリーカーな気持ちです。
ランエボ5、セリカ、インプのどれかですねー
いまだに熱が冷めないスターウォーズシリーズもちょっとしたい。
emc-modeling
↑HP
ではでは
ノシ
(_≧Д≦)ノ彡
スポンサーサイト
プロフィール

kyoka2

Author:kyoka2









ご覧頂きありがとうございます。

主に模型の製作記録や雑記になります。



※このHPの文章、画像等、全ての内容に対しての表現、

また個人情報に関する全ての著作権を【modeler's cafe' enfleur】

または【kyoka2】が保持しています。

無断での複製、転用、引用を固く禁じます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。